大人も子供も楽しみ遊び学ぶ場所

遊び方のご案内

保護者の方へ

ドリームプレイウッズ(ウッズ)は普通の公園とは、
少し異なります。親御さんから見れば、
危ないと思われるところが多々あります。
お子さんがどのような所で遊んでいるか、
確認してください。自然で、自由で、
少しの危険は、子供の成長過程に、
必要と、考え運営しております。

大きく揺れる一人乗りハンモックは
怖くて駄目という子や、少し、
高いところは駄目という子が、遊んでいる子に、
励まされ、挑戦する姿、出来たときの喜び、
又、左右に揺れているハンモックの前を通り、
跳ね飛ばされ、痛い思いをした子が、
次は上手に体を交わし少しの危険を、
回避できたときの得意そうな顔、
そのような経験の中で、生きて行く為の本当の
危険が、何であるかを学んでいるようです。
しかし、危険を伴う遊び場には違いが有りません
地形も遊具も然りです。子供たちの遊び方も、
よほど(
よほどの限界が難しい)でない限りは
注意をしません。以上のようなことをご理解のうえ
子供に何処で遊ぶかを選ばせて下さい。

 
遊具(揺れるハンモックなど)は、はじめから
多少危険です。
 遊具の傍に注意書きがあります。
               




子供たちへ

あそぶじかんは、あさあかるくなってから、ゆうかた、
ゆうやけこやけのチャイムがなるまでのあいだ


きのぼり・ドロンコあそび・すみかつくりなんでもオーケー
ただし、いたいのと、おべんとうと、よごれは、じぶんで



きのぼり・たけのぼり・がけすべり・ロープあそび・

どろあそび・さわがにとり・すみかつくり・ぬまあそび


ひとりでも、なかまといっしょにでも、すきなじかんに
すきなだけ、
ただし、おやには、ウッズであそぶことを
つたえておく

ともだちと、けんかをしてしまうときが、
あるかもしれない。
しかし、けんかにも、まもらなければならない、
きそくがあります


きてはいけないひと

おやのいうことをきかないひと
   せんせいのいうことをきかないひと
  おとなのちゅういをきかないひと
 でんしゃやバスにのったとき、
おやを立たせてじぶんがすわるひと
さんかひをはらったのにまじめにはたらかないひと
       けんかをしたりしてきぶんがわるいからといい、
きそくをまもらないひと
おかねをもってくるひと
ともだちのもっているものをほしがるひと
(おかねをふくむ)高価(高いもの)は持ってこない
 





2006/5までに出来た物

ハンモック大
・小3・大きく揺れるハンモック
ロープすべり
5・竹渡り1・天空のお休みどころ0
竹ジャングルジム・上り台・ターザンロープ
ウッズ小屋・木製テーブル・木製椅子4・竹座敷0
竹の椅子
・竹の橋4・丸太の橋・小川の堰
崖登りロープ
・入口看板・案内板・掲示板
恐竜看板
2・パンダ看板0・ペンギン看板指示看板
注意看板
竹境2面・単管囲い3面・竹の庇・花壇2
畑大
・畑小・水道上・水道下・簡易トイレ・倉庫2
植えたナリモノ・花梨の木・無花果の木・石榴の木・各
栗の木
1・河津桜1・桜・林檎の木・丸太ベンチ大0
半丸太ベンチ小
0
ウッズの動かない城1ウッズ小屋大テーブル1
ブタ看板
2水瓶1
0
の処は古くなって壊したか、これからオイオイ作って行きます




団体20名以上での参加の場合と火器については
(但し大人の引率者を必要とする)
事前に下記までお申し込みください
      77−1111    市役所青少年課または
78−4169       委員長宅(澁谷)
お申し込みを頂いた場合には管理運営委員会の
メンバーが馳せ参じご案内と必要に応じて
備品や道具の貸し出しを致します



戻る